64012 surly pack rat
検索
  • 店主

surly pack rat

surly 650bモデルのpack ratをカスタムで組んでみました。


2018年モデルのゲットイングリーンカラーがなかなかツボです。

今回は街乗りメイン(通勤、通学)で休みの日には少し長めのゆったり


ツーリングができるような自転車の組み方をしてみました。


ハンドルはドロップハンドルにして少しアップライトなポジションで。


フロントシングルにして、11-36のワイドレシオのスプロケットを使用しました。


重たいギアより軽めのギアがあると助かりますね笑


タイヤも27.5x2.1サイズですがノブ低めの転がりを優先しているタイヤなので


鹿児島の舗装路(道が結構悪い)や市電の線路に対しても安心して走れると思います。


2.1サイズのタイヤですが本当にスイスイ走っちゃいます。


フレームの設計もホイールベース短めでキビキビ走るような


ジオメトリーになっていますし、フロントにラックやバッグを付けて走ると安定した


ハンドリングを得られる設計も嬉しいところ。さすがsurly!


特に何も付けず走ってみましたが、最初少し癖があるハンドリングかなと思いましたが


そこまで気にするレベルでもなく、20分くらい乗っていたらすぐに慣れました。


街乗りとして使用するのであれば、この季節にフロントラックやバッグを付けて


走るのはマストかなと思います。


僕も使い始めたら、いつしかラックが付いてる自転車にずっと乗っていました。。


やっぱり便利なんだよな〜。

Paul neo retro カンチブレーキ を使用して少しレトロな雰囲気に。


カンチブレーキですが、悪い状況で走ることを想定しなかったのでカンチブレーキを。


制動力は充分に効きます。


それ以前に650bホイールとカンチブレーキの組み合わせをやりたかったんです。笑


surlyでこの組み合わせができるのはpack ratだけ。


長くなりましたが、surlyのモデルの中でも少しニッチなモデルですが


僕的には1,2を争う好きなモデルです。


ご興味ありましたら、ぜひお問い合わせくださいね。


ちなみにこのpack rat greenカラーはメーカー在庫残りわずかとなっています。


それではよろしくお願いいたしまーす。