64012
検索
  • 店主

Tokyo bikeの勧め

こんにちは。



今日はvolcanicで取り扱いのあるtokyo bikeのとても簡単にできる


パーツのアレンジ(簡単カスタム)をご紹介します。


まずはノーマルのtokyo bike mono 完成車です。


サイズS アイボリーカラー。





シンプルなシングルスピードモデルで価格も48000円税抜の優しめカワイイバイクです。笑


街乗りに適しているバイクで、坂道があまりない所で使用することが多いのであれば


問題なくシングルスピード(変速無し)モデルでもストレスなく楽しめると思います。





今回はこのBrooksサドル B17 ハニーカラー、Panaracer タイヤroad runner 26x1.5


グリップGiza 、KOMAリアライト、Wald 137 バスケット、別売りバスケットステーを


取り付け交換してみました。



Waldバスケット純正の無骨なステーをシンプルな細身のステーに交換し、


少しシャープな雰囲気に。


僕の中でこう言う所大事にしています。。



パーツ価格はBrooksサドルB17 ¥14600、Panaracerタイヤ 1本¥2950、


チューブtioga 26x1.5 ¥730、グリップ¥500


KOMAライト¥3000、Wald137バスケット¥4800、別売りステー¥1800


商品代全部で3万円ちょっとですかね。


それと工賃はタイヤ前後¥2500、バスケット取り付け工賃¥1500となります。





これだけでもガラリとイメージが変わりますよね。



メーカー完成車にはタイヤ幅1.15サイズ、幅約29mmくらいの少し細めのタイヤが


標準で付いていますが、それを少しだけ太くしてタイヤ幅1.5サイズ、約38mm程度の


ものに交換しました。


自転車を乗る上で実はタイヤはとても重要なパーツの一つなんです。



自転車には物とかも乗せず、スピード重視で軽く乗りたいと言う事でしたら、


少し細めのタイヤがいいと思いますし、普段使いで物を乗せたり、


歩道の少し凸凹があるような道を走られるのであれば、少しだけ太いタイヤにするのも


乗り心地に安心感が出ていいと思います。









Waldバスケットをうまく使用するには、こんなストラップを使うと


走行中に中の荷物が飛び出ず安心してお使いになられます。


X-strap ¥1400 なかなかやりてのstrapです。


カラーも豊富。








アルミ製のKOMAライトで高級感を出しました。笑


夜に自転車乗られる方はぜひお使いになってほしいです。


見た目もかっこいいし、ライトは明るいし、充電式ときました。


電池交換不要です。





最後はbrooksのレザーサドルで締めます。笑



スチールのバイクにバチっとハマる魔法のようなサドル。


かっこいいだけではなく、長く乗って行くとサドルがその人のお尻の形に馴染んでいき


とても乗り心地が良くなるサドルです。


経年変化も楽しめて、育てていくサドルなんて表現が合うのかもしれません。


自分が使っているbrooksは育ちすぎちゃって... 今年で9年目くらいかな。


でもまだまだ活躍してくれています!



自転車に自分が合わせるのではなくて、自転車をそのお使いの環境だったり


用途に合わせて自転車をカスタムしていくと、本当にストレスなく便利で楽しい自転車に


なって行くと思います。



ぜひ自分色の自転車に育ててみてくださーい。


よろしくお願いします!